不動産売却の流れ
不動産売却の流れ

相続や引っ越しなど様々な事情で土地や建物などの不動産売却をする方は多くいらっしゃいます。しかし、多くの方が初めて不動産売却するので、どのように準備を進めていけば良いのか分からない方は多いのではないでしょうか。こちらでは不動産売却の基本的な流れについて紹介していきます。

二つの方法がある

不動産売却には、「仲介」と「買取」の二つの方法があります。
「仲介」とは不動産会社に仲介役になってもらい、購入者を探してもらう方法です。

「買取」は不動産会社に買取してもらう方法です。早期売却が可能ですが、売却金額が希望しているものより低い場合があります。「仲介」は「買取」よりも、大きな額で売却できるのですが、購入希望者が見つかるまでに時間がかかる場合があります。
それぞれメリット・デメリットがあるので、早く売りたいか時間がかかっても良いから高く売りたいか目的に合わせて選びましょう。

「仲介」の場合

仲介を選択した場合は、専属専任、専任、一般を選ぶ必要があります。専属専任は一社にだけ仲介を依頼し、ご自身で購入希望者を見つけたときも不動産を通して手続きを行います。専任は専属専任と同様に一社にのみ仲介を依頼しますが、購入希望者を見つけたら不動産を通さずともご自身で契約成立させることができます。一般は複数の不動産会社に仲介を依頼できて、ご自身でも購入希望者を探すことが可能です。専属専任や専任は、不動産側としても他社に契約を結ばれる心配がないので、営業コストをかけやすく積極的に動くことができます。

新潟市で不動産売却を行うなら、ぜひ当社にお任せください。当社は新潟市エリアにて不動産の売却、販売、査定を行っています。 不動産売買は難しい手続きが多く大きなお金が動くため、慎重に行うことをおすすめします。
不動産売買で費用などの疑問点や不安なことがあれば、お気軽にご相談ください。お客様の悩みを解決し、安心してお取引ができるように尽力いたします。