ホームインスペクションを依頼するタイミングとは
ホームインスペクションを依頼するタイミングとは

住宅を購入するときや売却を検討するとき、やはり気になるのは住宅の状態でしょう。
劣化はないか、修理が必要な場所はあるのかなど、気になることは多くあります。
そういったときには、ホームインスペクション(住宅診断)が役に立ちます。
ホームインスペクションを依頼する最適なタイミングを、住宅を購入する場合と売却する場合で考えてみましょう。

住宅を購入する場合

住宅を購入する方がホームインスペクションを利用する場合には、申し込みの提出後から売買契約の締結までの間に行うことがおすすめです。もし締結後にホームインスペクションを行ってしまうと、対象建物に欠陥や不具合が見つかっても契約を取り消すことができません。契約の締結前にホームインスペクションを実施すれば、見つかった欠陥や不具合を処置した後に契約したり、修繕費用を売買価格から控除して契約を結ぶなどの対応も可能になります。また、リノベーションやリフォームをする中古物件を購入する場合には、解体したときや完成後などに建物調査を実施するのが適当です。

住宅を売却する場合

住宅を売却する場合は、物件売却を決めてから不動産仲介業者に依頼をするまでにはホームインスペクションを行っておいた方がいいでしょう。やはり、住宅を売却したときに気になるのは売買価格です。ホームインスペクションを実施すれば建物査定の材料となるため、とても便利です。また、売却後に住宅に何らかの不具合が見つかることでトラブルになることを未然に防ぐこともできます。
購入する側にとっては、住宅の安全が保証されているというのはとても魅力的なものです。
売却前にしっかりと住宅調査を行うことで、安心して住宅を購入していただけます。

新潟市でホームインスペクションをお考えの方は、当社をご利用ください。新潟市の当社では、公認ホームインスペクターが住宅全体の劣化状況や欠陥の有無を確認し、中立的な立場でアドバイスをいたします。
お客様と一緒になって最適な中古住宅選び・売却をご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。