不動産競売の基礎知識
不動産競売の基礎知識

不動産競売の基礎知識をご紹介します。住宅ローンに関するご相談を計画している方はぜひ参考にしてみてください。

不動産競売とは

不動産競売とは、住宅ローンが返済できなくなったときや不動産を担保にして借りたお金を返済できなくなったときに、債務の返済ができなくなった方の所有不動産を金融機関などの債権者が裁判所の管理下で売却をし、その売却代金を債権者の返済にあてるものです。競売は、次のような特徴があります。

競売の特徴

市場価格より低い価格で売却される

競売の場合は、明け渡されるまでに内部を見ることができない・購入にあたって銀行のローンがつきにくいなど落札者側のリスクがあるため、相場より安い価格で売却されることがほとんどです。

残債は一括返済

競売後の残債は、一括での返済が求められます。そのため、競売後に自己破産をする方も多くいらっしゃるのです。
任意売却の場合は債権者と協議を行い、無理のない範囲で分割払い返済をすることもできます。

自分の意思での売却ができない

競売は裁判所により強制的に執行されるため、自分の意志でマイホームを手放すことはできません。
売却する価格・時期・相手も裁判所が決めるため、自分の意思が反映されません。

引っ越し費用は自己負担

競売の場合は、売却代金から引っ越し資金が融通されるという制度はありません。そのため、自分で引っ越し資金を調達する必要があるのです。また、競売で不動産を購入した方のための引渡命令という制度があり、立退き料を受け取ることができる可能性も低くなっています。

不動産競売を回避できないかとお考えの方は、新潟市にある当社をご利用ください。
当社では、任意売却のご相談に対応しております。任意売却は早めの対応が大切となっておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。また、当社では新潟市の土地や築浅中古物件の購入をお考えの方に、優良売買物をご紹介しております。
マンションや中古物件の他に事業用物件もご紹介できますので、新潟市で事業を始めようとお考えの方もご相談ください。