空き家の活用方法
空き家の活用方法

空き家になった自宅をどのように管理しようか、お悩みの方は多いでしょう。
空き家はそのままにしておくと様々な問題が発生してしまいます。
こちらでは、空き家の活用方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

賃貸

空き家を活用する方法に、賃貸するという方法があります。賃貸することで家賃収入を得ることができますし、賃貸物件は相続税の評価額が下がります。定期借家契約をしておくことで、将来は自分で住むこともできます。賃貸をする上での注意点としては、定期的なメンテナンスやリフォームが必要になるということです。やはり入居者を募るには建物を再生し、魅力を維持しなければいけないのです。

売却

売却する場合は完全に手放すことになるので、自分で建物を維持する必要はありません。
住宅ローンが残っている方はきちんと精算をしてから売却をする必要がありますが、それがなければ選択肢としては魅力的です。
売却をするのであれば、住まなくなってから3年以内が最適です。住まなくなってから3年以内であれば、譲渡所得が非課税となります。

空き家管理

賃貸も売却もせずにそのまま空き家管理をすることで、住宅を維持することができます。
しかし、長い間誰も住んでいないとなると建物の劣化も気になるので、定期的にきちんとした管理をする必要があります。
自分で管理する以外では、空き家管理を対応する不動産会社の代行サービスを利用するのもおすすめです。

新潟市で空き家を活用しようとお考えの方は、当社をご利用ください。当社では、建物診断を行っております。
賃貸や売却をする場合には、建物に欠陥はないか、修繕が必要な場所はどこかなど、建物の状態を知ることが大切です。
当社では、公認ホームインスペクターが目視で屋根・外壁・室内・小屋裏・床下などの劣化状態を診断いたします。
また、新潟市の土地・マンション・中古住宅などの売買物件もご紹介しておりますので、物件をお探しの方もぜひお気軽にお問い合わせください。