不動産売却にかかる費用

電卓とペン
不動産売却をするために、様々な費用がかかります。

不動産売却を検討される際、どのような費用がかかるのか整理しておくと、予想外の出費に戸惑うこともなくなります。

抵当権抹消にかかる費用

住宅ローンを借りる際、銀行は家や土地を担保としてお金を貸します。住宅ローンの返済ができなくなった場合に銀行は家や土地を取り上げることができます。この権利を抵当権といいます。もし売却したい不動産に抵当権が設定されていれば、売主は抵当権抹消手続きをしなければなりません。住宅ローンの返済が終わっていたとしても、抵当権の登記が自然に消えることはありません。法務局での手続きが必要になります。

譲渡所得税

不動産売却で利益を得た場合、その利益に対し所得税と住民税が課せられます。これは、事業所得や給与所得とは別に計算されます。譲渡所得税は、売却した金額から不動産の購入代金や購入時の諸経費、売却時の諸経費を差し引いた金額で計算されます。税率は所得していた期間によって異なりますが、所有期間が長い方が税率は低くなるようです。

測量費用

売却する物件に土地が含まれていて測量を行う必要がある場合、測量費がかかります。不動産売却時は必ず測量をしなければならないといった決まりはありませんが、買主が境界線をはっきりさせたいと要望する買主さんもいます。新潟市内でも土地の境界線があいまいな場所がありますが、測量をすることによって、隣近所や道路との境界線が明確になります。購入後に、境界線について隣家と争いが起こらないようにするためにも、購入前に測量をしておくことは大切です。

この他にも、建物解体費用やリフォーム費用が必要になるケースもあります。不動産売却をお考えなら、これらの諸経費がどのくらいかかるのか見積もっていた方が安心です。新潟市にある当社では不動産売却についてのご相談ができます。新潟市の土地や建物を売りたいとお考えの方がいらしたら、当社までご連絡ください。