空き家放置の問題点

人口の減少や高齢化に伴い、今や空き家問題は新潟市だけでなく全国的に広がっています。空き家を放置したままでは、時に思いもよらない問題を招く可能性があります。ご自身での空き家管理に限界を感じる、空き家を有効活用したいとお考えの方は、ぜひ当社へご相談ください。こちらでは、空き家問題の一部についてご紹介します。

周囲への影響

人が住んでいない空き家は、管理が行き届かずに老朽化の進行が著しくなります。壁内の鉄骨や木の構造材が傷んだまま放置されていると、台風や地震といった自然災害で簡単に倒壊する危険性があります。倒壊まで行かなくれも、屋根の一部が吹き飛ばされる、壁が崩れる場合もあります。飛んでいった瓦礫が、近所に被害を及ぼすことになります。また、敷地内に生えた多くの雑草や木も、周囲の住民にとって迷惑となることもあるでしょう。

火災・ゴミ問題

郵便物や不法投棄などによってゴミが溜まると、悪臭による健康被害や火災の危険性も出てきます。また、あきらかに空き家だと分かる状態では犯罪の温床や、ホームレスなどのたまり場になる可能性も高くなります。らくがきや放火といった悪質ないたずらの対象となることも考えられます。

害虫や動物問題

人の住んでいない空き家では、シロアリやねずみなどの害虫が発生しやすく、家の柱や梁に傷をつけたり壁や床に穴を掘られたり、周囲の住宅にも影響を及ぼす可能性があります。

シロアリは木材だけでなく、コンクリートやプラスチック、金属にさえ害を及ぼすといわれています。木造住宅ではないからといって、シロアリ問題は他人ごとではないのです。他にも、人気のない空き家には野良猫や野良犬、時に野生の動物が住み着き、住民に危険が及ぶことも考えられます。

セキュリティのイメージ画像 遠方の県に住んでおり、新潟市の空き家管理を誰かに任せたいという方は、当社へご相談ください。当社では、中古住宅やマンションなどの建物診断を行い、家や土地の売却などをサポートいたします。

不動産取引についての疑問や、不安に思っていることはお気軽にお問い合わせください。