相続した不動産の売却
相続した不動産の売却

相続した住宅などの不動産は、通常の中古住宅売却と流れや費用が異なる場合があります。

せっかく相続した不動産で損をしないように、売却しない場合のデメリットや相続時にかかる費用などを把握することが大切です。

売却しない場合のデメリット

・税金がかかる

住宅などの不動産を相続した場合、所有しているだけで毎年「固定資産税」という税金が課税されます。実際に住んでいたり、賃貸物件として活用している場合は良いですが、活用できていない場合は、税金だけを払い続けることになってしまいますので、早めに中古住宅売却を検討すると良いでしょう。

・資産価値が低下する

住宅などの不動産は基本的に経年劣化をするため、年数が経つにつれ資産価値が低下します。そのため、相続した不動産を何もせず放置していると、どんどんと資産価値が下がっていくことになります。放置して数年後に売却しようと思っても、荒れ果ててしまっており、価値が低下するどころか、修繕しなくては売却することが難しくなってしまう場合もあります。

相続登記は絶対に行う!

相続登記とは、もともと不動産を所有していた人の名義だったものを、相続した人の名義に変更することです。相続登記はいつまでにやるといった明確な期限が決まっていないため、相続登記をしないままにしている方も少なくありません。

しかし相続登記を長期間放置していると、その間に相続人の関係が複雑化することがあります。例えば、登記を放置していた間に相続人のひとりが亡くなってしまった場合、亡くなった相続人の配偶者やその子供までもが相続の対象者になってしまいます。

時間が経てば経つほど相続人の人数は増えて権利関係も複雑になるため、遺産分割協議の際に全員の同意を得るのが難しくなるのです。不動産売却をスムーズに行うためにも、早めの相続登記をおすすめします。

相続時に発生する費用

相続時に発生する費用

不動産を相続すると相続税がかかります。相続税は、固定資産台帳などから算出された評価を元に課税されます。遺産額が基礎控除額を下回っていれば相続税は発生しません。

また、相続税と別にかかるのが相続登記の費用です。自分で相続登記を行う場合は、戸籍や住民票の代金・登記事項証明書の代金、登録免許税が費用としてかかりますが、相続登記を専門家に依頼する場合は手数料も必要になります。

新潟市で相続した不動産の売却をお考えの方は、中古住宅売却・査定・購入など、不動産に関する総合的なサポートを行っている当社にご相談ください。ホームインスペクションにも対応しておりますので、所有している不動産の価値を知りたいとお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

新潟市で中古住宅売却の査定やお問い合わせなら大成綜合企画へ

新潟市で中古住宅売却なら【大成綜合企画】 概要

会社名 大成綜合企画株式会社
所在地 〒951-8053 新潟県新潟市中央区川端町5丁目31-1
電話番号 0120-214-204
FAX 025-201-9201
URL http://taisei-sougou.jp/
主な取引物件 売中古マンション 売中古一戸建 売土地 売工場・倉庫 売事務所・店舗 投資用・その他
説明 新潟市で住宅に関するご相談は大成綜合企画株式会社へお問い合わせください。中古住宅売却や中古住宅購入の相談や任意売却、住み替え、リフォーム、ホームインスペクション(建物診断・住宅診断)など、住宅に関する様々なご相談にアドバイスいたします。